低金利で比較、今日中に借りたい、そんな時は「キャッシング申し込みBang!」 キャッシング申し込み前にもう一度借り入れ条件を確認しましょう。

消費者金融の歴史

消費者金融はいつごろから生まれたのでしょう
第二次世界大戦の終戦後、消費者金融の先駆けのような存在となる「質屋」が庶民向けの金融業として存在していました。
当時はそれを庶民金融と呼び世の中で利用されていました。

しかしながら、高度成長期に入ると大量生産が当たり前となり、
モノの価値が下がるデフレ期に突入すると質屋の担保であった質草の価値があっという間に下がり
商売としてやっていけなくなり質屋は減っていきました。
そこで1960年代に生まれたのが庶民向け「無担保・無保証」で融資を行う消費者金融です。
サラリーマンの利用者が多いことからサラリーマン金融、通称サラ金とも呼ばれていました。
まだ現在とは違い、このころは法整備も未だできていなかったため高い金利で手続きしていたので、
トラブルも多くなってしまいました。
そこで、1990年代になると可愛い歌や動物やダンスなどかっこいい、可愛いイメージのCMが大量に流れ、
トラブルのイメージを払拭しました。
ここ数年は銀行と提携・統合したりしながらお互いのノウハウをうまく利用しあい発展している状況です。

お金を70万借りるところ

お金を70万借りるところとは、一社で借りるのは難しいと感じます。
一者で借りる場合はよほどの年収が必要だと感じます。
消費者金融なら初めての方には、50万までが限界だと感じますし、
クレジットカードも30万から50万が上限です。

信販会社で保証人をつけることもできますが、
保証人を付けるなら、銀行の方の利息が安いです。
銀行の場合は審査には二週間程度かかりますが、
目的があるのであれば、保証人がなくても借りる事が出来ます。

銀行の貸付には、保証会社の審査に通らないと、貸付はしません。
70万円をすぐに借りたい方は、消費者金融を二軒はしごして廻ると、
借りれる可能性はあります。
とにかく消費者金融に申し込みをして、審査を受けてみることです。

時間が合って、利息の安いところから借りたいのであれば、
銀行をお勧めします。
目的があり、信販会社や銀行の借金が無ければ借りれる可能性は大きいです。
返済などを考えて、借りることをお勧めします。

Comments are closed.

Post Navigation